2021年12月中頃より、順次新しいホームページに移転します。

完全移転後は当ホームページは閉鎖します。

開発の道のり

iPhone用スピーカー(tanagokoro)制作のきっかけは、

ほんのささいなことでした。

 

森本さんが、友人のために、プレゼントで演奏しようとした、

キャロルキングの、「You've Got a Friend 」の曲を、

iPhoneで耳コピしようとしたのですが、ギターの音が聞き取れなかった。

音の要素はあるはずだから、ちょっと音を増長したら、聴こえるんじゃないか?

 

そんな遊び心で、友人の木工屋さん(楽器職人)に、iPhone用の音拡張マシーンを依頼したところ、木工屋さんは、

「設計書を作ってきたら、すぐに作ってやるわ」と言ったそうです。

森本さんは、30分で、CADを使って設計書の図面を作ったそうです。

(さすが、ガラス職人!)
すると、木工屋さんも、30分で、設計書通りに作ってくれたそうです。


それが、この、第1作目のtanagokoroです。

木工屋さん(楽器職人)は、作る前は、「絶対に、いい音、鳴らへんで」と言っていたそうですが、

作ってみると、なんと、見事に音が鳴ったそうです。こうして、森本さんは、スピーカー作りに、はまりました。

音の通る道を長くしたら、もっといい音が出るんじゃないかなあ。

そう思った森本さんは、新たに設計を考えて、第2作目を作りました。

これが、森本さんが自分自身で制作した、はじめてのものになります。


なんと、お母さんが亡くなったときの遺品整理で出てきた、

タンスの木材をばらして作ったそうです。


この第2作目、見事に、音が良くなったそうです。

もっと、形をシンプルにできないかなあ?

そう考えて作った、第3作目。

形はシンプルになりながら、さらに味わい深い音が出るようになりました。

この頃から、森本さんも、かなり本気になってきました。

 

形をコンパクトにしながら、音が通る道を長くするために考えた結果、

下から音を入れて、上から音を出す形にたどり着きました。

森本さんの研究は続きます。


サイズを大きくして、部屋の数を増やし、部屋の形も大きくすれば、より良い音が出るのだろうか?

でも、あまり大きすぎると、iPhoneの音源のパワー不足で、いまいち響かないことがわかりました。最適な大きさを探る検討が続きます。


少し傾けるとどうなるか?

デザイン的にも美しくなりました。

たどり着いた傾きは、偶然にも、地軸の傾きと同じだったそうです。

検討を重ねた結果、このサイズにたどり着きました。

iPhoneがおさまる、コンパクトな形でありながら、

十分な音量と音質を実現する、このサイズ。


完成度が高まった、このタイプから、

試験的な販売を開始しました。

販売を開始してからも、あくなき探求は続きます。

このあたりから、音質への、細かいこだわりの世界に入ります。


真ん中に穴を開けて、音を途中で抜く検討が始まります。

穴を開けて、棒でふさぎ、

その棒を抜き差しすることで、音質を好みで調整できるという、意欲作。


高音を響かせるか、低音を響かせるか?

遊び心あふれる、試作品です。



板の厚さを、3mmから、2.5mmに変更しました。

制作は大変になりますが、音質へのこだわりの結果、自然にそうなりました。

2.5mmという厚さは、ギターやバイオリンでも採用される厚みだそうです。


2.5mmになったことで、制作にも、かなりの精度が要求されるようになりました。

0.25mmずれるだけで、音質が変わってくる。

そもそも、ずれると組み立てられない。

そんな、精密な、職人技の世界になってきました。


この頃から、iPhone5が発売されました。

内部や、音の出口の、微妙な工夫が続きます。

音の出口に、「返り(奥への曲げ)」を採用することで、低音が出るようになり、

特に、ボーカルの音が、感動するほどのレベルになりました。

しかし、森本さんは、まだまだ、納得できていませんでした。

低音を、もう少し響かせたいなあ。

 

それぞれの部屋の大きさを、0.5mm単位で調整し直したところ、

ついに、納得のいく、低音の響きと、クリアな音を実現しました。

 

少し背が高くなりましたが、

この後に発売されるiPhone6が、5より大きくなりそうという予測も見越していました。

最後の音の抜き方で、音が微妙に変わります。

7つ穴で、音を抜くのが、いちばんバランスが良いという結論になりました。

 

これが、今時点の最終形です。

 

森本さんは、この形がベストで、これでもう確定だと言っていますが、

本当かどうかはわかりません。

またすぐに、新しい改良品を作ってしまうかもしれません。

 

iPhone6になり、iPhone自体の音質と、音量が高まったようで、

tanagokoroとの相性は、抜群のようです。ますます、感動的な音になりました。

iPhone6の場合、最大音量にする必要もない場合がほとんどです。

今まで作ってきた、試作品の数々。

歴史を感じます。


細かい変更も含めると、100個以上の試作品(プロトタイプ)を作って、研究を進めてきました。

今までの、歴代のtanagokoroの設計図がおさめられたファイルです。

CADというソフトを使って、緻密に設計された案が、20以上。

設計だけで、実際には制作されなかった、まぼろし(凝りすぎ)の案もあるようです。

もともと、森本さんが、CADを使いこなす職人だったことが、

tanagokoroの緻密な改良を可能にしてきたと思われます。

知人の勧めもあり、特許出願し、意匠登録しました。