2021年12月中頃より、順次新しいホームページに移転します。

2022年1月より利用料金と利用方法を制定いたします。

完全移転後は当ホームページは閉鎖します。

tanagokoroとは?

tanagokoro(たなごころ)は、森本 雅彦さんが生み出した、

iPhoneを乗せるだけで、すばらしい音になる、電源いらずの木製スピーカーです。

iPhone 4、5、6に対応しています。


木製のスピーカーから出てくるのは、なんとも言えない、柔らかく、味わい深い音です。
生演奏のような、レコードのような、ぬくもりのある音で、
電源を使うスピーカーと比べても、音質的にも劣らず、
軽やかなんだけど、まろやかで、深い味わいがあります。

 

電源を使わないのに、音量も十分なので、電気いらずの、エコなスピーカーです。
小さいので、ひょいっと動かせて、机の上や、床や、屋外や、いろんな場所で楽しめます。

 


森本さんは、本職はガラス職人ですが、

自分自身も、バンド活動や、ちょっとした作曲を行い、

音楽好きが高じて、自分の事務所の隣に、ガラスの音楽ホールを作ってしまいました。

 

音の反響を考え、木とガラスが融合した居心地の良いスペースは、

近所のミュージシャンや、楽器作家たちが集い、

楽器の練習をしたり、ライブを行ったり、お茶やお酒を楽しむ場になっています。

 

そんな森本さんが、ひょんなきっかけから、iPhoneスピーカーの制作に取り組み、

職人ならではの、凝り性の性格から、

2年間で、100個以上の試作品(プロトタイプ)を作る中で、どんどん音質が高まり、

感動的な音が出るまでに達しました。

iPhoneから、電源なしでここまでの音が出ることに、誰しもがおどろくでしょう。

 

良い音の秘密は、たくさんありますが、まずは、板の薄さ。

tanagokoroの内部には、薄い板で、11の部屋が作られていて、

この11の部屋を通るほどに、音が反響し、どんどん良い音になっていきます。

 

0.25mmずれるだけで、音が全く変わってくるという、緻密な世界。

ひとつひとつ、手作りで、まさに職人技のスピーカーです。

制作工程

まずは、板を2.5mmの厚さにスライスすることから始まります。この薄さにスライスすることは、かなりの職人技だそうです。この工程は、森本さんの友人の木工屋に、無理を言って、やってもらっているそうです。

カットします。

カットされた木片です。

tanagokoroは、この18個のパーツからできています。

台紙を使って、木片の接着する部分に鉛筆で印をつけていきます。

木工用の接着剤で、組み立てていきます。

はみ出た接着剤は、丁寧に拭き取ります。

パーツの組み立てが完了したら、

ずれないように、養生テープで固定して、乾燥させます。

接着剤が乾燥したら、養生テープをはがし、

機械を使って、おおまかにヤスリをかけます。

さらに、丁寧にヤスリをかけて、滑らかにしていきます。

塗料で、色を塗っていきます。

こだわって、天然の塗料を使っています。

長い道のりを経て、ようやく完成です。

ひとつひとつ、手作りで、できあがります。